ゲーム実況をはじめてみよう

Youtubeの動画を見る時に、一体どのような動画が人気でしょうか。
ペットの動画であったりいわゆるYoutuberの動画、はてはビジネスマンもどんどん動画を出していっています。私はビジネス動画でしたら年収チャンネル(https://www.youtube.com/channel/UCahWm4NUU8ccUPdw0VA0DCQ)や宋世羅さんのチャンネル(https://www.youtube.com/channel/UCKa_NCzd8zhw3m3eDJojHAQ)を見ていたりします。

完全な趣味ですが私はゲーム実況の動画が好きです。今なら環境があれば、自分の好きなものを動画にしているのを見ているのが好きです。
そこで、今回はゲーム実況をするために必要なものを、ハードウェアとソフトウェアの両方で説明したいと思います。以前音声録音に必要なものは紹介しましたが、動画を録画するのはまた別のものが必要になるので、新たに説明したいと思います。
いわゆるユーチューバーとして稼ぐ、とは全く別の話ですのでご了承ください。

それでは、ゲーム実況に必要なものを紹介していきます。

パソコン

まずはパソコンです。WindowsかMacかならばWindowsをおすすめします。どちらでも可能ですが、Winodowsの方がパソコンゲームでできるものが多いからです。これは後述します。
メモリやプロセッサは高い方が良いのですが、メモリは16GB、プロセッサはcore i5からの方が良いでしょう。それより低いとかなり動作が止まりやすいです。またできるゲームも限定されます。とりあえず買ってみて後から買い直すより、最初に完全に使えるものを取り揃えた方が後々良いです。
デスクトップかノートパソコンかですが、機能的にデスクトップの方が良いです。
仮にメモリやプロセッサが同じように16GBでcore i7と書いていたとしても、実際にはデスクトップパソコンの方が速いです。ただ価格もデスクトップの方が高いので、お財布と相談になります。
私が見ている中では
https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime.php?mc=9299&sn=0


こちらのようなパソコンがおすすめです。グラフィックボードが別にあると、その分CPUの負荷が減らせるので、動作がもたつきづらくなります。機能面で比べてさらに安いものもあると思うので、探してみるのが良いかと思います。

キャプチャーボード、ソフト

PCゲームのみをするならばキャプチャーボードは必要ありません。
キャプチャーソフトと呼ばれるソフトを購入しても良いですし、時間が短ければ無料でも使えます。

おすすめとしてはBandicam バンディカムと呼ばれるものがおすすめです。

https://www.bandicam.jp/
こちらがBandicamへのリンクです。
また、ライブ配信に関しては、OBSと呼ばれるものがおすすめです。こちらは無料で使えてかなり多くの方が使っています。
https://obsproject.com/ja
こちらがOBSへのリンクです。

 

また、据置きゲーム機を録画する際はキャプチャーボードと呼ばれるものが必要です。ゲーム機から送られる画面をパソコンに映し、録画できるようにする機械です。
おすすめとしては
https://www.elgato.com/ja/gaming/game-capture-hd60-s


こちらが良いかと思います。キャプチャーボードはあまり種類もないので迷わないかと思います。

 

マイク、イヤホン、ヘッドフォン

ゲーム実況に関しては、音質がよければよいというものでもありません。逆に多少ノイズがあった方が身近な感触があったり、時たま叫んだりしても聴いててうるさくなりにくかったりします。音量はうるさいですが。。
マイクとヘッドフォンが一緒になったものがあり、ヘッドセットと呼ばれます。それに関しては
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07BB3PYD8/vipdshosgemuj-22/


こちらのものがいいかと思います。値段もそれほどしませんし、実況するのに不便ありません。
もしマイクとヘッドフォンorイヤホンを別にするならば以前の記事で書いたようにオーディオインターフェースが必要になります。
参考までに、ゲーム実況で人気がある方が10年間使っていたマイクが
https://www.sanwa.co.jp/product/syohin.asp?code=MM-MC1


こちらでした。今は販売していませんが、それほど高価でなくても十分だとわかるので、どちらかというとパソコンにお金をかけた方が良いかと個人的に思っています。

動画編集ソフト

編集ソフトに関しては有料無料ありますが、有料の方がストレスが少ないです。無料でもできますが、パッとできるものではありません。
おすすめとしては、PowerDirectorというソフトをお勧めします。
https://jp.cyberlink.com/products/powerdirector-video-editing-software/features_ja_JP.html
有料で1万円強します。その分ストレスが相当減ります。

ゲーム選び

いよいよゲームソフトです。これだけ機材を揃えれば何でもできます。今でしたらSwitchやPS4などの最新ゲームもありますし、PCゲームもSteam(https://store.steampowered.com/?l=japanese)からなんでもできます。
ただ、これらは当たり前ですが有料です。最初にWindowsPCをおすすめしたのはWindowsだとRPGアツマール(https://game.nicovideo.jp/atsumaru/)のような無料で誰でも楽しめるゲームも対応しているからです。自由に作りたい人が作って遊びたい人が遊ぶので、当たり外れもありますが実況としては非常に面白いです。実況をするのは画質や操作性よりもゲームの面白さの方が大事だと思っているので、このような無料ゲームでも十分楽しめると思います。

個人的におすすめの無料ゲームはヘビ貿易というゲームで、
https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm10798
こちらからダウンロードできます。スーパーファミコンのような世界観ですがとても面白いです。続編もあるので長く楽しめると思います。

他の個人的に発信されている無料のRPGゲームも、ほとんどWindowsのみ対応なので、できればWIndowsを買った方が良いのではないかと思っています。

以上がゲーム実況に必要な機材です。動画を投稿するにしても実写は恥ずかしいという場合はこのような方法でも良いかと思いました。

ITにまつわるご相談

私たちは、かわさきIT相談のページを用意しております。

身近なところからITを取り入れたい、だが分からない点もあり不安、といった、ITに関わるご相談がある方がいらっしゃいましたら、

https://machi-it.jp/gosoudan/
こちらのページからお気軽にご相談いただければ幸いです。